Home | Log In
NZ教育システム

ニュージーランドの小学校は5歳から10歳まで(1年生から6年生まで)の生徒が学び、11歳になるとインターメディエイト(2年生中学−7年生、8年生)に通います。ニュージーランドの高校は日本の中学、高校が一緒になっている物が殆どで、13歳から18歳まで(9年生から13年生)の学生が勉強しています。9年生と10年生の2年間は一般的に低学年(Junior)と呼ばれ、11年生から13年生までの3年間は、高学年(Senior)と呼ばれます。学生は、高学年に入るとNCEA(高校の文部省規定資格)の取得を目指して勉強します。この資格を取得した学生は、大学入学の資格を得る事が出来ます。義務教育は、10年生までなので11年生、12年生で学校を辞める事も可能です。高学年になる前に学校を退学した場合は、大学入学資格は貰う事は出来ませんが、成績等で基準を満たしていれば、ポリッテックや他の専門学校で勉強する事が可能です。

こちらの高校は殆どが4学期制で、新学期である1学期は1月の終わりから3月迄、2学期は4月から6月迄、3学期は7月から9月迄、そして4学期が9月から12月にかけて(学年による)あります。12月から1月の終わりまでの期間は夏休みです。

ニュージーランドの教育機関と学年:
  • 1-6年生 Primary school
  • 7-8年生 Intermediate school
  • 9-13年生 High school
合計 = 13 年間
General study process of an international student最初の8年間、学生は学校で基礎となる数学力や文章力、そして自主性や行動力と言った社会にでた時に必要な能力や知識等を学びます。高校になると学生は社会科、理科、言語やアート等の選択科目と英語や数学と言った必修科目を勉強します。高学年になると選択科目も増えますが、選択科目の中には、その科目を受講するのに下のレベルや他の必要科目を合格していないと受講出来ないものも多く出て来ます。高校生は、この時期に自分の将来勉強したいものや、目指している職種等を考えての科目選択を行わなくてはなりません。

ニュージーランドの高校入学には、留学生の英語力を始め、他の教科学力、そして生活や勉強態度を重点に問われます。英語力の無い子供たちが、授業に参加しても授業についていけず意味の無い時間を過ごす事になります。ですので、留学生の殆どが先ず語学学校に3〜6ヶ月通よい、高校留学のための基礎英語を見につけます。高校から入学許可が下りた後は、英語や他の教科のテスト(学力検定試験)をその高校で行う事になります。このテストの結果により高校は留学生にとって適当な学年、そしてクラスを選びます。ニュージーランドの殆どの高校が、留学生の年齢より一つ下の学年に編入させる事はとても一般的です。これは学生が本国で既に習った教科を英語で再度学ぶ事によりその教科の基礎英語を見につけさせ、そして学生が必要以上の負担を受けずに英語力促進に力を入れれるように配慮しているものです。学力検定試験で、英語力が低いと審査された場合は、受講教科数を減らし、その分ESOLクラス(留学生用の英語補助クラス)の受講時間を増やします。もし学力検定試験で、学生の英語力が規定に満たないと審査された場合は、語学学校に戻されてしまうケースもありますので、英語を渡航前からしっかり見につけておく必要があります。




© 2003 - 2019 New Zealand Education Adviser Services Limited.
1st floor, 222 High Street, PO Box 22 268, Christchurch, New Zealand.
Phone: +64 3 366 4563, Fax: +64 3 365 5042, Email:office@nz-education.com
facebook Site Map::Terms of Use::Privacy Policy
website design and development by zeevo
Chinese English Japanese Korean German